鬱病の最適な改善方法と最新医療【安息の時間で心を癒そう】

女医

感情障害の治療

相談

鬱病の薬物療法による副作用には水中毒があります。飲水量を確認することで、水中毒を防ぐ可能性が高まることがあるのです。また鬱病の治療方法に心理教育があります。この心理教育は医師が患者やその家族などに、疾患の知識や症状、治療方法などを説明することです。これによって病院を退院した後も、患者にとって良い治療環境が保たれるようになっています。

Read More...

睡眠障害などが現れる疾患

うつ向く男性

鬱病で特徴的な症状は気分の低下や睡眠障害です。病院で行われる治療は薬物療法と精神療法です。これに加えて休息をしっかりとることも指導されます。また、食事を工夫することでも鬱病の改善を早めることができます。

Read More...

医療機関受診のメリット

病院

最新医療の恩恵

自分や家族が鬱病ではないかと疑われていて、精神科や心療内科といった病院を訪れるのは勇気が要るものです。何か特殊な治療を行っているのではないかというような、根拠のない先入観を抱いている人も少なくありません。精神科や心療内科も普通の病院と基本的には同じですから、不安を抱く必要はないのです。鬱病は脳内の神経細胞が出している神経伝達物質の活動が低下し、さまざまな症状が表れる病気です。心の病気と言うよりも脳または神経に起因する病気でもありますから、身体の病気と同様に薬を飲んで治す方法が中心となります。鬱病の治療には投薬治療に加えて、多くの場合で精神療法が実施されます。精神科医や臨床心理士との対話を通じて、患者さん自身が前向きな思考法を取り戻していくことを目的とする治療法です。ストレスの原因となった人間関係を整理したり、発症の引き金となった出来事に対する解釈を変えていったりすることもまた、精神療法の目的の1つです。最近ではさまざまな最新技術が導入されており、鬱病治療も日々進歩しています。最新鋭設備を整えた病院では光トポグラフィー検査や、TMSと呼ばれる磁気刺激治療法が受けられる場合もあります。磁気刺激治療法は、磁気を使って脳の働きを活性化させるという画期的な治療法です。投薬療法のような副作用がないため、鬱病治療の最前線として世界的に注目されています。このような治療法が可能な点でもわかるように、鬱病は脳の機能が一時的に低下することで起きる病気なのです。精神力だけで解決できる問題ではないため、病院を受診することが大切になってきます。安息の時間で心を癒しましょう。

入院することも選択肢

鬱病の治療にとっては、休養や環境整備も重要な要素です。どれだけ効果的な薬や治療法を使っても、同じように毎日忙しく働き続けたり、発症の原因となったストレス環境にさらされ続けていていたりしては治る病気も治りません。できれば仕事を休んで治療に専念することが望ましいと言えます。患者さんによっては自宅環境の都合から、治療に専念することが難しいケースもあります。日常生活を送る自宅そのものがストレス源となっている例がないとは言い切れません。そのようなケースでは、たとえ短期間であっても病院に入院して治療に専念した方がいいでしょう。入院することによって患者さんはストレスから離れることができます。専門知識と豊富な経験を持った医師その他のスタッフがすぐ近くにいる点も、大きな安心材料です。入院生活では最低限のルールを守る必要もありますが、ルールに従って規則正しい生活を送ることは治療にも効果が期待できます。規則正しい生活リズムは脳にも良い刺激を与えるので、症状改善へとつながっていくのです。患者さんのうち症状が重い方は閉鎖病棟に入院する例も多くなりますが、症状がそれほど重くない場合は制約の少ない開放病棟に入院できます。開放病棟では許可を得ていれば外出も可能ですし、症状の改善次第によっては一時帰宅することもできます。入院するケースに限らず、鬱病の治療はじっくり時間をかけて気長に取り組むことが大切です。仕事や生活に追われていた時間の時計を止めて立ち止まり、この機会に人生というものを見つめ直してみるのもいいでしょう。考えようによっては、自分の生き方を変えるきっかけに鬱病を利用することもできるのです。

学習しよう、気分障害

聴診器を持つ先生

近年精神科病院などは受診しやすくなっています。鬱病の診断は、主訴とそれに関するエピソードが問診上重要です。また鬱病の急性期は、精神的なエネルギー回復のため休養が必要な時期であり、回復期は薬物療法の意味を理解します。復職に向けた取り組みを行う時期でもあるのです。

Read More...